専門分野に特化した歯科医院|優良な歯医者による様々な治療

忍び寄る歯周病

歯

歯周病という病気は、重症化するまで自覚することが難しい病気です。そのため、サイレント・ディジーズとも呼ばれています。サイレント・ディジーズというのは静かなる病気のことで、生活習慣病等の気づくことが難しい病気はそう呼ばれています。歯周病は、初期症状から中度症状において自覚症状と呼べるほどキツい症状がみられず、重症化してから発覚することが殆どです。大阪の堺市においても、重症化してから自身の歯周病に気づいた人がいるかと思います。重症化した際には、長い治療期間とそれに伴って高額な治療費が発生してしまうでしょう。
堺市では、重症化した歯周病に関しても長期治療によって完治させることが可能ですが、極力初期症状や中度症状での歯科医院受診が大切です。ここでは歯周病がどういった原因で発生する病気なのかを知り、その初期症状や中度症状について把握しましょう。そうすることで、予防や早期の歯科医院受診ができるようになるはずです。歯周病という病気は、細菌による感染症です。具体的には、歯垢に含まれる歯周病菌が歯茎から組織を破壊していく病気です。最終的には、歯茎の裏にある歯を支える骨まで溶かしてしまい、歯が抜け落ちる恐ろしい病気なのです。初期症状としては、歯茎の赤い腫れと歯茎からの出血がみられます。しかし、これらの症状には痛みがなく出血量も微量です。堺市においても、これらの症状に思い当たる人がいるのであれば、すぐに歯科医院を受診しましょう。中度の症状になると、歯茎の細胞が破壊され歯周ポケットが深くなり、歯茎が下がり始めます。歯周ポケットが深くなることで歯石もよくできるようになり、知覚過敏に似た症状もみられます。重症化すると、腫れの悪化による痛み、出血、歯茎から膿み、口臭、歯が抜けるといった症状に発展します。堺市に展開している歯科医院においても、歯周病の早期治療を呼びかけていますので初期症状や中度症状に近い症状であった際にも、気軽に歯科医院を受診して検査を受けましょう。

Copyright © 2016 専門分野に特化した歯科医院|優良な歯医者による様々な治療 All Rights Reserved.